児戯
■作家 : 二代平田郷陽
■プロフィール: 国指定重要無形文化財保持者 日本工芸会理事・部会長・正会員 門陽会主宰 日展審査員 人形美術院設立 本名・平田恒雄 東京都出身 昭和56年逝去 享年77歳
■サイズ: W22cm
■価格: お問い合わせ下さい
■備考: 共箱 岡山県立美術館図録掲載作品
父である初代平田郷陽が岡山県の出身ということもあり,総社市に疎開していた時期もあるなど,地元にも縁の深い人間国宝・平田郷陽の作品です。比類無き表現力で知られる作家ですが,この作品も,童子が本を持って戯れている場面を表現しおり,まだ大きくてダブダブ着物から愛らしい腕と足が覗き,誰かに怒られるのではないかと周りを気にしている横目使いの表情など,見る者が思わず笑みを浮かべるような魅力溢れる一点です。