唐津三島掻落し辰砂魚文偏壺
■作家 : 十三代中里太郎右衛門
■プロフィール: 日本芸術院会員 日本芸術院賞 日展理事・総理大臣賞・特選 日本工芸会副会長 日本陶磁協会賞 隠居号・逢庵 本名・中里忠夫 師・加藤土師萌 佐賀県出身 平成21年逝去 享年85歳
■サイズ: H29.4cm
■価格: 75万円・税込み
■備考: 共箱 底に陶印と平成五年二月二十日の日付有り
唐津を代表する作家の一人で,日本芸術院会員でもあった陶芸家・十三代中里太郎右衛門の魚文の扁壺です。作家独自の発想で,陶芸に絵画的要素を取り入れた,鮮やかな彩色を施した代表的な作品の一つで,扁壺の胴を群れを成して泳ぐ鯛の躍動感が目を惹く一点です。