望月に遊ぶ
■作家 : 籔内佐斗司
■プロフィール: 東京藝術大学大学院教授 平櫛田中賞 現代日本彫刻展招待出品 神戸須磨離宮公園現代彫刻展招待出品 兵庫県立美術館賞 神戸市緑化芸術賞 平安遷都1300年祭マスコットキャラクターデザイン 他多数 東京芸術大学大学院卒 大阪府出身 昭和28年生まれ
■サイズ: H51cm
■価格: お問い合わせ下さい
■備考: 木彫・彩色・漆 共箱
東京藝術大学大学院教授で,独特のセンスと仏像修復の技術を巧みに融合させて,独自の世界を作り出す彫刻家・籔内佐斗司の木彫作品です。(望月に遊ぶ)と名付けられた一点で,叢雲のかかる黄金色の満月の上で跳ねる兎の姿を表現してあり,月と雲の静に対し,楽しげに跳躍する兎の動の姿が,何とも印象的な作家らしい作品です。