柘榴染付壺
■作家 : 近藤悠三
■プロフィール: 国指定重要無形文化財保持者 京都市立芸術大学学長 日本工芸会会員 日本伝統工芸会賞 新匠会会員 帝展・文展・日展入選多数 京都府出身 昭和60年逝去
■サイズ: H21.5cm
■価格: 480,000円・税込み
■備考: 共箱
近代日本の染付作品の第一人者として知られる人間国宝・近藤悠三の染付壺です。作家最晩年期の作品で,多くの種を実らせることから縁起の図柄として良く描いた柘榴をあしらった作家の代表的な意匠の一点です。