川蝉ぐい呑
■作家 : 武腰潤
■プロフィール: 石川県九谷焼美術館館長 日本工芸会正会員 日本工芸会陶芸部幹事 石川県重要無形文化財 日本陶磁協会賞 日本伝統工芸展朝日新聞社賞 メトロポリタン美術館作品収蔵 彫刻の森美術館賞 個展他 多数 石川県出身 昭和23年生まれ
■サイズ: H7cm
■価格: 198,000円・税込み
■備考: 共箱
色絵九谷の伝統を受け継ぐ,泰山窯の四代目当主で,洗練された造形センスで多くのファンを持つ陶芸家・武腰潤のぐい呑みです。特に人気の高い,背高の造形の川蝉文の四方のぐい呑で,4面の内3面にカワセミの姿が絵付けされており,それぞれに違う表情を見せる鳥の姿が魅力的な一点です。