華壺図

華壺図

独学で版画技法を学び,自らの作品を板画と名付けた文化勲章作家・棟方志功の作品です。

志功が倭画と呼んだ墨彩画の作品で,深い親交のあった陶芸家・河井寛次郎や濱田庄司の作品とおぼしき壺に花を活けた構図で,勢いのある筆致と鮮やかな色彩の花壺の絵に賛が添えられいて,いかにも作家らしい一点です。

商品カテゴリー: ,

説明

■作家 : 棟方志功 Shiko Munakata
■プロフィール :文化勲章受章 日展理事・審査員 ヴェネチアビエンナーレ国際版画大賞・版画部門大賞 サンパウロビエンナーレ版画部門最高賞 毎日美術賞 日本版画院結成 新文展特選 国画創作協会会友・佐分賞 ボストン美術館作品収蔵 ダートマス大学名誉博士 青森県出身 昭和50年逝去 享年72歳

■サイズ : W46.3cmxH34.6cm
■価格 : お問い合わせ下さい
■備考 : 墨・彩色・紙本・棟方志功鑑定委員会鑑定書付き

作品紹介に戻る