飛魚

飛魚

¥1,650,000

戦後シベリアから帰国後,その抑留体験を基に描いたシベリアシリーズの他に,郷里の山口県三隅町で,身近な動植物や風景などを慈しむように描きを続けた・孤高の洋画家・香月泰男の作品です。

作家の特徴である黒と方解末を用いた独特のマチエールを完成させる以前の,1951年作の台所シリーズとも呼ばれる一点で,台に敷かれたヤツデの葉の上に置かれた二匹のトビウオが描かれており,この時代らしいややデフォルメされたモチーフを,白・黒・緑・青・灰の明快な配色で,巧みに表現してあります。

商品カテゴリー:

説明

■作家 : 香月泰男 Yasuo Kazuki
■プロフィール : 無所属 日本芸術大賞 西日本文化賞 新文展特選 国画会同人 佐分真賞 日本国際美術展・現代日本美術展等出品 山口県出身 昭和49年逝去 享年62歳
■サイズ : 3号
■価格 : 165万円・税込み
■備考 : 油彩・キャンバス 鑑定書付き 1951年作

作品紹介に戻る

現在こちらを表示しています: 飛魚 ¥1,650,000
お問い合わせ・お買い物カゴに追加